各地の話題

「がんばろう ふくしま!応援店」パワーアッププレゼントフェア抽選会(福島県)

121127007.JPG

 安全性が確認された本県産の農林水産物を積極的にPRしようと県は、県内外の販売店、飲食店等と連携し、県産農林水産物を集めた特製おせちや県産新米10キロなど千百四十点の商品が当たるプレゼントフェアを催し好評を得た。

 県では連携する販売店等を「がんばろう ふくしま応援店」として登録。応援店で購入か飲食した際のレシートを応募用紙に貼って応募された1万449口の中から県庁舎で27日に抽選した。

 応援店には全国から二千店舗以上が登録。県がのぼりや横断幕などを提供し店内に販売コーナーを設置してもらっている。県内外で一斉直売フェアなどを催し県産農林水産物をPRしてきた。

 県は県産農産物を取り扱う卸売会社を「がんばろう ふくしま!市場応援団」として委嘱したり、首都圏の消費者等に「新生ふくしま」創造のメッセージとして情報発信する「ふくしま新発売。」プロジェクトをWEB等でPRしている。

 県担当者は、「前回の応募数より多く、県産農産物が浸透してきている。県民一丸となって『がんばろう ふくしま!』運動を展開する」、と手応えを感じている。