お知らせお知らせ

認定農業者の共同申請の枠が拡大されました

認定農業者制度では、同一経営における複数の者の共同申請を認めていますが、

これまでは、同居の親族に限られていました。

したがって、息子が結婚してアパートに移った・・などにより別居した場合は、

共同申請することができませんでした。

 

 しかし、近年の核家族化など、家族のあり方の多様化に対応し、

平成20年9月24日、「認定農業者制度の運用改善のためのガイドライン」が一部改正され、

かつて同居していれば、共同申請を認めることとなりました。

 

<関係資料>

 ・ ガイドライン(今回の改正前のガイドラインです。PDFファイル)

 ・ 改正の概要の概要(一太郎ファイル)

 ・ ガイドラインの新旧対照表の新旧対照表(一太郎ファイル)

 ・ 留意事項の新旧対照表の新旧対照表(一太郎ファイル)