農業者経営改善

魅力ある農業経営を確立し、「担い手不足」を解消することが現在の大きな課題です。このため、「認定農業者制度」、認定農業者の経営改善を支援・サポートする「農業経営改善支援活動」、県外の若者など新たに農業を始めたい人の相談活動や農業法人等への就職・研修に対する支援活動などいろいろな経営対策が講じられています。

また、個々の農業経営の確立には、簿記記帳に基づいた計数の把握が不可欠であり、法人化や家族経営協定の締結も経営改善の1つの手法です。

福島県農業会議では、県やJA福島中央会などと連携して「福島県担い手育成総合支援協議会」を設置し、農家の皆さんの農業経営の改善や法人化等に向けたコンサルティングを行っております。

くわしくは、「福島県担い手育成総合支援協議会」のHPをごらんください。

平成24年度 農業法人設立の手引き をアップしました。