求人情報

  1. 求人情報TOP
  2. 個人情報保護規定

個人情報保護規定

第一章総 則

(目 的)

第1条
本規程は、個人情報の保護に関する法律 (以下、「法律」という。) をはじめ、個人情報の保護に関する諸法令及び農林水産大臣等主務大臣の策定する指針に基づき、 一般社団法人福島県農業会議 (以下 、「本会」 という) における個人情報の取り扱いの基本事項を定 めたもので、 個人情報の保護と適正な利用を図ることを目的とする。

(定 義)

第2条
本規程における用語の定義は、 法律に基づき、次の各号に定めるところとする。

(1) 「個人情報」 とは、 生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、 生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいう。
(2) 「本人」 とは、個人情報によって識別される特定の個人をいう。

(適用の対象)

第3条
本規程は、 本会定款第24条に規定する役員及び同第42条に規定する常設審議委員、職員等(本会事務局規程第3条に規定する職員及び就業規程第2条第3項に規定する職員以外の者をいう。以下同じ。)に対して適用する。

(適用する個人情報の範囲)

第 4 条
本規程は、 事業活動及び雇用管理等の業務において取り扱う個人情報に適用する。

2 報道及び著述の用に供する目的で取り扱う個人情報に限っては、この規定を適用しない。

第 2 章 個人情報の取得

(取得の原則)

第5条
個人情報の取得は、 利用目的を明確に定め、 その目的の達成のために必要な限度において行うものとする。

2 取得に当たっては、 適法かつ公正な方法により行うものとする。

(新たに取得する場合の手続)

第6条
新たに個人情報を取得する場合は、あらかじめ個人情報保護管理者に利用目的及び実施方法を届け出て、承認を得るものとする。

(本人から直接に個人情報を取得する場合の措置)

第7条
本人から直接に個人情報を取得する場合は、 法律に定める例外を除いて、予め本人に利用目的を明示するものとする。

(本人以外から間接的に個人情報を取得した場合の措置)

第8条
本人以外から間接的に個人情報を取得した場合 (公刊された名簿や電話帳等公開情報から取得した場合を含む) は、法律に定める例外を除き、速やかにその利用目的を通知又は公表するものとする。 ただし、 次の各号に該当する場合は、 この限りではない。

(1) 個人情報の提供について本人から同意を得ている者から取得する場合

(2) 個人情報の取り扱いを委託される場合

第 3 章 個人情報の利用

(利用目的の特定)

第9条
本会は、個人情報を取り扱うに当たっては、その利用の目的 (以下 、「利用目的」 という。) をできる限り特定するものとする。

2 本会は、利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲で行うものとする。

(利用目的による制限)

第10条
特定された利用目的の範囲を超えて個人情報を利用する場合は、法律に定める例外を除き、予め本人の同意を得るものとする。

2 前項に基づき、本人に同意を求める場合は、個人情報保護管理者の承認を得るものとする。

(個人情報の共同利用)

第11条
個人情報を第三者との間で共同利用する場合は、個人情報保護管理者の承認を得るものとする。

2 前項に基づく個人情報を第三者との間で共同利用する場合の共同利用は、法律に定められた必要な措置を講じた後に行うものとする。

(個人情報の取り扱いの委託)

第12条
個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合は、個人情報保護管理者の承認を得るものとする。

2 前項に基づき、個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合は、この規程の趣旨に従い、委託先に対して個人情報の適正な保護を図るものとする。

第 4 章 個人情報の第三者提供

(個人情報の第三者提供の原則)

第13条
個人情報は、法律に定める例外を除いて、予め本人の同意を得ることなく第三者に提供してはならない。

2 前項に基づき、個人情報を第三者に提供する場合は、個人情報保護管理者の承認を得るものとする。

第 5 章 個人情報の管理

(個人情報の管理の原則)

第14条
個人情報は、利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の状態で管理するものとする。

(個人情報の安全管理対策)

第15条
個人情報保護管理者は、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改竄及び漏洩等に対して、必要な安全管理対策を講じるものとする。

第6 章 個人情報の開示・訂正・利用停止・消去

(本人からの要請に対する対応)

第16条
本人から、当該本人が識別される個人情報に関して、その利用目的の通知、個人情報の開示、訂正又は利用の停止、消去及び第三者提供の停止を求められた場合は、 合理的な期間の内に法律の定めに従って必要な対応措置を執り、 その旨を本人に通知するものとする。

2 前項に基づく対応措置が本人の求めるところと異なる場合は、本人にその旨を通知する際には当該理由の説明に努めるものとする。

3 本人から、第1項に規定する内容の求めがあった場合は、個人情報保護管理者に本人から求められた内容を報告するとともに、その対応措置について承認を得た上で実施するものとする。

第 7 章 組織および体制

(個人情報保護管理者)

第17条
代表理事会長は、事務局長を個人情報保護管理者として任命し、本会内における個人情報の管理業務を行わせるものとする。

2 個人情報保護管理者は、本規程及び個人情報の保護に関する諸法令の定めるところに基づき、個人情報保護に関する管理体制及び内部規定の整備、安全管理対策等の施策の立案とその実施について指揮・監督に当たる。

(相談窓口等)

第18条
本規程に基づく個人情報の保護管理に関する業務及び苦情、相談窓口の担当部署を定めるものとする。

第8章 雑 則

(罰 則)

第19条
本規程に違反した職員等に対しては、就業規程に基づき懲戒に処することがある。

(運用細則)

第20条
本規程の運用のために必要な細則等は別途定めるものとする。

附 則
本規程は、平成17年4月1日に遡り施行する。
本規程は、平成28年1月1日に一部改正施行する。
本規程は、平成28年4月1日に一部改正施行する。

個人情報取扱運用細則

(目的)

第1条
本細則は、一般社団法人福島県農業会議 (以下、「本会」という。)が有する個人情報の具体的な取り扱い方法等を定め、本会の個人情報保護規程に基づく適切な個人情報の保護と適正な利用を図ることを目的とする。

2 本細則における用語の定義は、個人情報保護規程の定めるところによる。

(個人情報の取得)

第2条
規程第6条に定める届出事項は、担当部署及び連絡先、個人情報の内容、利用目的、取得態様とする。

2 規程第7条に定める明示事項並びに第8条に定める通知又は公表事項は、以下のとおりとする。

(1) 担当部署名および連絡先

(2) 個人情報の利用目的

(個人情報の利用)

第3条
規程第10条に定める本人の同意に必要な明示事項並びに個人情報保護管理者への届出事項は、担当部署名及び連絡先、個人情報の内容、従前の利用目的、新たな利用目的、利用態様とする。

2 規程第11条に定める届出事項は、担当部署名、個人情報の内容、共同利用する第三者、利用目的、共同利用態様とする。

3 規程第12条に定める届出事項は、担当部署名、個人情報の内容、利用目的、利用態様、委託する第三者、委託作業内容とする。また、委託先に対しては、事前に委託作業内容を説明するとともに、委託する個人情報に関する秘密保持を約束させること。なお、個人情報保護管理者の判断により必要であれば、委託契約を締結すること。

(個人情報の第三者提供)

第4条
規程第13条に定める本人の同意に必要な明示事項並びに個人情報保護管理者への届出事項は、担当部署名、個人情報の内容、利用目的、提供する第三者、提供態様とする。

(個人情報の管理)

第5条
規程第14条に定める正確かつ最新の状態で管理するため、不要となった個人情報は適切に破棄・消去するものとする。

2 規程第15条に定める安全管理対策は、以下のとおりとする。

(1) 個人情報は、施錠可能な場所に保管し、鍵は個人情報保護管理者または個人情報管理者が指定する担当部署の長が保管するものとする。

(2) 個人情報の保存されている端末には、ID及びパスワード等適切なアクセス制限を施すものとする。

(3) 個人情報の保存されている情報システムについては、外部からの接続を制限するものとする。

(組織および体制)

第6条
個人情報保護管理者は、管理すべき個人情報ごとに担当部署を指定することができることとし、担当部署は本細則に基づき個人情報の保護と適正な利用に努めるものとする。

2 第18条に定める担当部署は、総務・制度対策部とする。

附 則
本細則は、平成17年4 月1日に遡り施行する。
本細則は、平成28年4月1日に一部改正施行する。